各国の健康に対する注意書き

全世界的に禁煙ムードです。当然のように煙草のパッケージにも「注意書き」があります。
各国のを見比べても、もともとのデザインを潰してしまったものやメッセージの方がでかい例もあります。
その中でも日本のは甘い気します。でも注意書き程度で喫煙率が低くなるとは思えないんですけどね。

警告程度で軽い煙草にするくらいなら、止めちまえ。


1. イギリスの例 (Silk cut)

Tobacco seriously damages health   そのままです。


2. 韓国の例

読めません。まぁきっと同じようなことが書かれているんでしょう。


3. タイの例とカナダの例。
(たまたま同じマイルドセブンライトなので。)

カナダ版はかなり目立つように書かれています。デザインもへったくれもありません。
恐らく同じ内容のことが裏側に当たる位置にフランス語で書かれています。流石カナダ。

タイでもこの警告は何種類かあるようです。いかんせん読めないけど。


5. そして日本の例

これだけです。
いわゆる「先進国」の中で最低の評価を受けたらしいです。