我々はひとりの英雄を失った。

しかし、これは敗北を意味するのか?否、始まりなのだ。

地球連邦に比べ我がジオンの国力は30分の1以下である。

にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か。

諸君!我がジオン公国の戦争目的が正しいからだ。

一握りのエリートが宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して50余年。

宇宙に住む我々が自由を要求して、

何度連邦に踏みにじられたことかを思い起こすがいい。

ジオン公国の掲げる、人類ひとりひとりの自由のための戦いを

神が見捨てるわけはない。

私の弟、諸君の愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。何故だ。

戦いはやや落ち着いた。諸君はこの戦争を対岸の火と見過ごしているのではないのか?

しかし、それは重大な過ちである。

地球連邦は聖なる唯一の地球を汚して生き残ろうとしている。

我々はその愚かしさを地球連邦のエリート共に教えねばならんのだ。

ガルマは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために死んだ。

戦いはこれからである。

我々の軍備はますます復興しつつある。地球連邦軍としてこのままではあるまい。

諸君の父も兄も、連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。

この悲しみも怒りも忘れてはならない。

それをガルマは死を以って我々に示してくれたのだ。

我々は今、この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて

はじめて真の勝利を得ることができる。

この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めになる。

国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!

ジオンは諸君等の力を欲しているのだ。

ジーク・ジオン!